審査ではどんなところまで調べられるの?

今回お話させていただくのは審査の内容についてなのですが意外なことにも審査の内容というものは皆さんご存知ではないと思います。

早速本題に入りたいと思いますが実際キャッシングなどでの審査の内容としてもちろんのこと住所や氏名、年齢などの基本的な個人情報から現在の住居のスタイルや細かいものならその家族のお子様の現在の学校が私立か公立かという問題なども実際には審査の内容としても含まれたりします。これらのことをすべてまとめて一般的に多くの場所で審査と呼んでいます。

この審査には審査側にはもちろん目的が存在し確認事項として大きく分けて「その申込者の人物の判断」、「その人物の過去の借入状況や現在の借入に関して信頼できるものか」という判断につながります。このような判断によって依頼人の収入などの状況やいざというときの状況に対する対処能力があるか、また根本的な返済能力があるかということを問うものとなっております。

それに比べ銀行のカードローンの審査は年齢基準と安定した規定以上の収入があれば審査を通すところもあるなど基本的に簡単な前提審査の条件さえクリアしていれば当日から利用可能というものも少なくありません。

前述の通りキャッシングの審査や銀行のカードローンの審査の共通点として挙げられるものは安定した返済能力の有無ということです。このようにお金の関わる仕事ではありますが結果的に商売的な測量でどのような会社も審査を行っております。そのことから審査に関して言えることは収入面などに関しても額として少なくても安定性のある人間や返済の能力のあるものが身の回りにある人ほど実際審査の通過の対象といっても過言ではありません。

似たものでは住居の審査などでも居住者の収入に信頼がなくても保証人といシステムをとることによってその部分の安定性さえあれば比較的厳しい審査でも通りやすくなることは少なくないです。

これらのことから審査に関しては相手に対して「自分は収入能力がある」ということや「身の回りには価値のあるものが存在する」ということを求めるものといっても過言ではありませんのでこれらの審査を行う際には機械的にではなく相手に対してのしっかりとした情報を持って行うようにすることが非常に重要であると考えられます。

カードローンの審査を通るための大事なチェック項目

カードローンの審査は幾つもの条件をクリアすることで通ることが出来ます。通らない方には理由があり、反対に通る方にもそれなりの理由があるのです。ではカードローンの審査を通るために大事なことを幾つか紹介しましょう。

まず一つ目はあなた自身の属性です。

簡単に申し上げますと収入と勤続年数で、収入は多ければ多いほど、勤続年数は長ければ長いほどあなたの属性は高いものと考えられます。将来にわたっても安定した収入が見込めるのか?これはカードローン業者にとって重要なことなのです。

二つ目は他社からの借り入れが無いか、そして返済履歴に傷が付いていないかです。

現在は総量規制により、原則として年収の三分の一以上の借り入れは出来なくなっておりますので、信用情報機関等から他社の借り入れ状況を確認されてしまいます。同じく返済履歴で遅れが過去にあったなども記録されておりますので、これらは審査結果に大きく関わります。
特に気づかないうちにあなたの返済履歴に傷が付いていることがありますので確認しておくべきなのが、キャッシング返済だけではなく、クレジットカードやケータイ電話料金の支払いが遅れてしまうと返済履歴に記録されてしまいます。日々これらの支払いを忘れずに行うというのも大切です。

三つ目は借り入れの金額です。

お申し込み時に借り入れ希望金額を実際にあなたが今必要とする額にとどめることが重要です。50万円が必要だとしても、30万円を希望とすることで審査結果が変わることもあるのです。

最後に、カードローンはあなたが信用を得られるかという点が最も重要で、審査時に入力したり電話で回答したりするその情報にウソが無いということが絶対条件です。借り入れ件数や金額でウソをついたところで信用情報機関などで調べられてしまいますので、不利になるかもしれないとわかっていても正直にお話しすることが何よりも大切です。

以上、カードローンの審査を通るために上記に注意してお申し込みをしてみましょう。

PAGETOP
Copyright © カードローン審査のツボ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.